2008年01月06日

新年のごあいさつ

新年
 あけましておめでとうございます。
2008年穏やかな年明けとなりました。

昨年は、感動で締めくくることができました。
今年も、感動の一年にしたいとおもいます。

プレゼン大学は、今年も本気の夢を本気で応援していきますので、
皆様よろしくお願いいたします。

2008年度
プレゼン大学受講者を募集いたします。

あなたの夢を実現させるための、感動と共感のプレゼンテーションを作ってみませんか?
感動と共感のプレゼンテーションで、思いっきり夢を語り、感動と共感の事業計画書で、圧倒する。
こんな形で、今年のプレゼン大学は進めていきたいと考えています。

夢を現実のものするために。

夢しか実現しない!

夢をかなえるために、準備が必要です。
その準備のお手伝いを私たちがお手伝いします。

詳しくは、近日中に、このブログでお知らせいたします。

本年もプレゼン大学をどうぞよろしくお願いいたします。




posted by OfficeA at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月29日

一年を振り返って

本格的に今年6月から始動したプレゼン大学
本当にあっという間の一年でした。

受講生の皆さんと一緒にそれぞれの夢の実現に向けて応援してきました。
たくさんの夢に出会い、たくさんの感動をいただきました。

いたらない部分も多々ありました。
ハプニングやアクシデントもありました。
でも、みんなと一緒に乗り越えてきました。

そして最後には、大きな大きな感動が待っていました。
もう涙、涙で、前が見えないくらい。

日本中が一つにつながる
そんな瞬間に立ち会うことができました。

夢を持つことが、こんなにも力強く生きていけるものであること。
他人の夢なのに自分の夢のようにわくわくしてくる。

人を本気で応援すると自分が、元気になれる。
誰かの夢を成功させるためにみんなで考える。

真剣な熱い思い、社会のために役立つこと。
夢を持ったものが本気であればある程、周りは、ほっとかない。

何とも言えないわくわく感

この、わくわく感を味わいたくて、また来年も
プレゼン大学は、皆さんの夢を応援します。

夢を実現させたいと思う方
仲間を作りたいと思う方
自分一人では、難しいことでも、仲間がいれば何でもできる。
自分に必要な仲間を得るために、
夢をかなえるために

プレゼン大学は、あなたを応援します。
次は!あなたの番です。

今年一年本当にありがとうございます。
来年も、プレゼン大学をよろしくお願いします。



posted by OfficeA at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月19日

ドリーム(夢)プラン・プレゼンテーシション2007

2007年12月15日東京すみだリバーサイドホール

500名の参加者は、感動の中にいました。

島根、東京、岩手の発表者9名は、自分の夢、想いを、力いっぱい発表しました。
11名のコメンテーターは、次世代のリダーたちです。

福島正伸という一人の人間が、この世に生まれてきた理由(わけ)を
知るイベントになりました。

日本が、世界がひとつにつながること、
自分が、この世で生かされる理由
誰もが、生まれてくる理由を持っている。

社会の役に立つこと、誰かの役に立つこと、
誰かを、応援すること、誰かのために・・・

人は一人では、生きられないわけが、改めて知ることができました。
誰かと一緒に、仲間と一緒に、家族と一緒に、

ドリームプランのあの時間は、会場にいたすべての人が、一つにつながることができました。

一体感
発表者の夢を応援する、
そこには、感動と共感がある。

本当に、素晴らしい、時間を過ごすことができたこと、
私の人生の中で一生忘れられない歴史の一ページにいられたことに、
幸せをかんじています。

そして、ドリームプランを成功させるための、一部でかかわれたこと、

感謝です!

ありがとうございます。
posted by OfficeA at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月24日

頑張れみんな!

昨日、東京から、6名の応援隊が、プレゼン大学にきてくれました。
そのほか、いつものメンバーのほか、花巻から、M食品のI社長も、応援に。
そして、雫石からもSさんが、tan tan を持ってやってきてくれました。

そして皆さんから、3名の、プレゼンテーターに、貴重なアドバイスとメンターシートをくれました。

参考になったことや、逆に、もやっとしてしまった人
それぞれいたのではないでしょうか?

でも、プレゼンを作るにあたり、いろんな意見や、アドバイスをいただけるというのは、とてもいいことだとおもいます。

よくプレゼンは、自分一人で作らないことが、鉄則です。

それはなぜか?というと、一人で作ると、
一人よがりになりがちで、多くの人に自分の想いが、
なかなか伝わりにくいものになりやすいです。

だから、仲間と一緒に作っていく必要があるのです。
客観的に見て、どう思うのか?

他人の意見は、聞く
否定的な言葉を言わないなど、
プレゼンテーションを作るにあたり、気をつけなければならない
ことが、いくつかあります。

そういうことを、細かく、噛み砕いて、学ぶことができるのが、
プレゼン大学です。

来年も、開校しますので、
是非おいでください!



posted by OfficeA at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月11日

チームいわて

みんな本当に楽しそうだった・・・
12月15日の全国大会、ドリームプランプレゼンテーション2007に向って
3名の発表者は、連日、事業計画書作成に頑張っています。

そんな中、プレゼン大学打ち上げと激励会を、Tさんがしきってくれた。
本当に、張りつめた気持ちをときほぐし、仲間の顔を見ることによって、新たに、気持を入れ替え、元気がでたと思う。

ありがとう!Tさん!

「他人の夢を聞いて、感動できるっていいよね!
なかなか、こんな風に、感動することってないよね。」

とDKさんの知り合いの方の感想です。

本当にそうだと思います。
他人の夢なのに、感動できる。
こんなのないですよね。

しかも、その他人の夢を応援している、私たちはもっと感動している。

昨晩の、みんなの様子を見ていて感じたこと。

それは、プレゼンテーションという道具を使い、自分でさえ知らなかった、自分に出会うことができ、一緒に苦しみ、悩み、お互いの夢を共有し合うことにより、仲間意識の結束となったこと。

そして、お互いが、お前すごいやつだ!と認めあうことで、
相手のために何かしたい。
という気持ちが芽生えるんだなあ・・・とおもいました。

心の底から、がんばれ!と応援している仲間。
それにこたようと、がんばる代表者。
「おれたちは、みんなの夢と希望をしょって、岩手代表として、頑張ってくるよ!」と盛り上がった。

本当に、いい仲間に出会えたことに、感謝しています。

さあ!
これからが踏ん張りどきです!
ファイトです!

オリーブ
posted by OfficeA at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月10日

事業計画

昨晩は、プレゼンブラッシュアップの日でした

発表者3名の事業計画書作成に水沢から「強ーい」助っ人がやってきてくれました。

Iさんです。

体型は、ほんわか、ぽっちゃり系
笑うと目がなくなる、とってもお茶目なIさんです。

かつて、起業家大学で使用した資料を携えて、みんなにレクチャーしてくれました。

わかりやすく、丁寧に教えてくれるIさん。

講師Aさんが用意してくれた、ふかしイモを、みんなでほおばりながら、
「あ”〜!!」とか「わかんね〜!」とか「おお!!」とか
いいながら、ワイワイもりあがりました。

すごく盛り上がっていて楽しい、でも・・・これって、事業計画書作成講座だよねえ〜
・・・・?

こんな楽しい、事業計画
作成講座受けたことがない。
しかも、私が一番不得意とする、収支計画及び損益計算書。

なのに!楽しい!
「何で?」

3名の発表者は、それは大変かもしれない。
でも、なんだか「できそうな気がする!」という声が・・・

うれしいなあ・・・

やっぱりチームいわて、最強だ!

みんな!がんばろう!

さて!今日は、プレゼン大学の打ち上げです。
今夜はコーラで乾杯だー!

久しぶりに、みんなに会える。
楽しみ!

よし!今夜は、みんなに感謝の言葉を話そう!
大丈夫、3分で切り上げるから!
言わせて~!お願い!



posted by OfficeA at 09:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月07日

ブラッシュアップ

さて!今日は、大会終了後、はじめてのブラッシュアップの日です。

3名の代表発表者は、各自ブラッシュアップに努めていることと思いますが、それを、今日は見ることができるということで、わくわくです。

そして、3名の発表者の方々に課せられた、課題と言えば!

そうです!事業計画書です。
ワンシート企画書なるものも必須です。

以前、私も作りましたが、その楽しさと、苦しさの入り混じった感じは、何とも充実した日々だったような気がします。

事業計画書は、自分の想い描く夢に向かうためのプロセスです。

どうやって、事業を成功へ導くのか?

完璧シュミレーションです。
したがって、細部にわたって、成功へのエッセンスがちりばめられていて、自分らしく、そして、それを見た人は、あたかも自分が描いたかのような、錯覚をしてしまうような、出来であれば・・完璧でしょう!うん!うん!

しかし!なかなかうまくいかないのが、お約束です。

緻密な、事業計画書を作成し、感動と共感のプレゼンテーションを携えて、
いざ!東京へ!

では、これから会場へ向かいます。
では!
posted by OfficeA at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月31日

全国大会出場者決定!

感動と共感のプレゼンテーション 全国大会
―感動と共感のビジネスプラン発表会―
「夢(ドリーム)プラン・プレゼンテーション2007」

に出場の岩手代表の3名が決定いたしました。

皆様には、本当にお待たせしてしまい、申し訳ございませんでした。

それでは、さっそく代表者の発表をいたします。

まず一人目
「ユニバーサルソフトの開発 ちょこっとシリーズ」

〜ひとにやさしいソフトを〜
Kちゃん

二人目
「応援団 夢gen
 〜手紙 永井秀昭へ〜
T君

三人目
アントレプレナーセンター推薦の
H丸さん

以上の3名が全国大会に出場することになりました。

この3名は、プレゼンのさらなるブラッシュアップと
事業計画書作成という、過酷で、楽しく、わくわくする毎日が
12月15日まで続きます。

サポーターである、プレゼン大学講師Aさん、理事オリーブ
プレゼン大会実行委員会、Uさん、Iさん、そして、Mさんの5名と
発表者3名は、『チームいわて』として、最強メンバーで、全国にいどみます。

サポーター陣は、もちろん本気で応援していきます。
そして、うれしいのは、いわて大会で発表したメンバーも、
応援に加わってくれることです。

いわての、良さは、人です。
チームワークのよさです。他人の夢を本気で応援できることです。
私は、全国に、岩手のこんな素晴らしいところを、
アピールしたいと思っています。

3名の発表者が、全国のステージで全力で向かうことができるように、
応援していきたいと思います。



posted by OfficeA at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月24日

感動と共感のプレゼンテーション いわて大会

1020日の
『感動と共感のプレゼンテーション・いわて大会』
無事終了となりました。
会場内は、感動と共感で涙があふれていました。

6名の発表者は前日のリハーサルから、作りこみに頑張りました。
東京から、アントレプレナーセンターのOさんNさん、
デザイナーのTさんが、
サポーターで来てくれました
夜の10時過ぎには、福島先生も合流し、
一人一人のプレゼンを見てくれました。

貴重なアドバイスをいただき、
それを参考に最終の作りこみを朝までやりました。

夜明けまで頑張る若者

20代の若者二人は、ほとんど徹夜。
私は、
3過ぎまでがんばりましたが、
体力に限界を感じ、先に休ませてもらいました。
 
そして一夜明け、本番当日の朝、発表者の顔を見れば、
みんな寝てない顔、
大丈夫かなあと心配になりました。
 
会場入りした皆さんは、さっそくリハーサルに入りました。
みんな、ぎりぎりまで、修正、手直しをしていました。
本当に全力で、このプレゼン大会にのぞんだのです。 

この時点で、すでに感動していたオリーブでした。
 
そして、いよいよ本番です。

トップバッターは、Kちゃん

タイトル 
「ユニバーサルソフトの開発 ちょこっとシリーズ」
  
〜ひとにやさしいソフトを〜
重度障害という立場から、
誰でも簡単に見やすく開発した、住所録ソフトです。
そしてこれだけではなく、ちょこっとシリーズとして、
ちょこっと血圧やちょこっと家計簿なども予定している。
とても前向きで、見ているこちらが元気になるプレゼンでした。

 
2番目は 雫石のTさんです
「きっかけは雫石」 
〜いつまでも楽しく若々しく〜
毎年離婚件数が増え続ける現状に着目し、
50歳以上の独身男女を対象とした
出会いの場の提供、
大好きな地元雫石を舞台に
出会いの演出を企
バスツアーの案内は、
その場で雫石あねっこに変身してのプレゼンでした。
 

3番目はデジKさんです
「デジワークスの未来日記」 
インターネット利用者であれば、
誰でも参加できるポータルサイトを立ち上げ、
3社が共同でそれぞれの役割を分担して

一つのサイトを作り、
一般参加型応援サイトとでもいいましょうか、
なんだか楽しそうなサイトの企画です。
家族に支えられていることに、プレゼンを通して改めて気づき、
感謝の涙で声がかすれてしまいました。

4番目は
 夢想塾塾長のNさんです 
「ちょいワルおやじのセカンドステージ」
 
〜人生も歌舞伎も面白いのは第二幕から〜

今年定年を迎え今まであたためてきた
プランを一気に放出するNさんですが、
プレゼンも超大作となっており、
団塊の世代を代表するメッセンジャーとして、
自分の想いをおもうぞんぶん発表してもらいました。
黒スーツに、カウボーイハットを目深にかぶり、
まさに!ちょいワルおやじ。

第二の人生を歌舞伎の舞台にたとえ、人生を楽しむNさんは
本当にかっこいいと思いました。
ますます元気なNさん、どこまで行くのか、
とどまるところを知らないという感じです。


5番目 岩大生Sくん
「楽しく食べるために」
元気いっぱいのSくん楽しく食べるための、
S流方程式を紹介
、おいしく食べるために食の安全をみんなで考えていこう

といういたって「まじめ」な内容ですが、

キャラクターが元気なので、めちゃめちゃ楽しい!
文字のみのプレゼンは、これまでタブーとされてきましたが、
面白い試みでした。
Sくんと一緒にご飯食べたらきっと楽しいに違いない!
という
プレゼンでした。

そして最後は、Tくん
「応援団 夢gen
 〜手紙 永井秀昭へ〜
友人のノルディック複合選手のNくんのために、
応援団を結成し、サポートしたい。
応援をすることで、十分な練習時間と、資金を
彼のために作りたいという
プランです。
プレゼンの中で、N君にあてた感動的な手紙を披露
二人の友情の強さに会場は感動で涙が止まりませんでした。


どの発表も甲乙つけがたく本当に素晴らしいプレゼンでした。

登壇した発表者たち

オリーブは、最初のKちゃんから、泣きっぱなしでした。


プレゼン大学の講座の途中くじけそうになったこともありました。
でも、みんなで応援して、支えあい、励まし合いながら、のり越えました。

発表者同士がお互いに支援し合う光景を見たとき、本当に感動でした。


お互い発表者ですから、言ってみればライバルです。
でも、自分にできることを相手のために惜しげもなく提供し、支える。
本当に素晴らしいつながりができたと思っています。

 
これから、全国大会にのぞみますが、全員素晴らしいできばえで誰を選出するか?は只今慎重に協議中です。
でも、誰が選ばれても、このメンバーであれば
きっと選ばれた人を応援してくれるだろうとおもっています。


「チームいわて」として、全国大会に参加し、
岩手の素晴らしさをアピールしたいと思います。

 
大会を見に来てくださった皆様、本当にありがとうございます。
皆様の心が少しでも元気になれたら幸いです。

 
そして、サポーターの皆さん、大会に協力していただいた皆さん
直接参加はできなかったけれど、力強い応援をくださった皆さん
心から感謝申し上げます。

ありがとうございます。
posted by OfficeA at 20:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月19日

感動と共感のプレゼンテーションいよいよです!

お待たせしました。
ブログ更新が遅くなりました。ごめんなさい。

10
13日は、プレゼン大学の終了発表会となりました。
受講者全員にプレゼンをしてほしかったのですが、
全員とはなりませんでした。

でも、10名の受講生のうち、8名の方が発表してくださいました。
そのうち、大会出場の意思表明をした方が5名いらっしゃいました。
本当にうれしいかぎりです。

皆さんどの発表も、素晴らしい内容で、これはやっぱり、大会本番は、
涙をぬぐうタオルが必要になりそうです!
しかも、6人目の発表者は、サプライズです。
もう、わくわくします!


このプレゼン大学を通じ、仲間という感覚で、
皆さんの応援をしてきました。
はじめは、初対面のせいもあって、なかなか硬い表情でいた皆さんも、最後には、お互いを支援し合うという、素敵な仲間となっていました。
 講師のAさんは、
「教えるのではなく、きづきをひきだし、そして尽くすこと。」


ですから「ヒント」を投げかけるだけです
決してやってあげることはしません。

 
初めて、プレゼンテーションに挑戦するT君は
このためにパソコンをかいました
パワーポイントはもちろん、ワードもよくわからない、という感じでした。

でも、伝えたい夢、想いが、強ければ強いほど、
「できない」は、存在しないのだとおもいました。

自分で、やってみて覚える。
パソコンの基礎がなくても、やりたいことで、覚えていく。
 感性で、パワーポイントを作る感じです。

重要なのは、「伝えたい夢」がどれだけ、
自分の中で、シュミレーションできているか?
だと思います。

T君は、自分の頭の中にあるイメージを、
パワーポイントで表現しようとしていました。
それは、とても初めてパソコンをやった人とは思えないものが出来上がっていました。
全部、自分でつくったのです。

私たちは、ヒントと、どこをクリックすればいいかを、教えただけでした

人は夢と誰かのために役に立ちたいという思いがあれば、
何でもできてしまうような気がします。

20日の感動と共感のプレゼンテーション いわて大会は、
きっとあなたに元気と勇気
をもたらしてくれることでしょう! 
それでは!大会で、お会いしましょう!        オリーブ
posted by OfficeA at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月12日

あきらめない

10日に発表練習がありました。

この日は、皆さんいつもと様子がちょっと違いました。
何かが違う・・・

ほどよい緊張感というか、
何かが、いつもと違う。

感覚的なことなのかもしれないが、確かに、何かが違う。

皆さんから発せられる、目に見えないものが、私に伝わってくるんです。

発表を一人ずつ見ていくと、
それぞれが、どんどん進化していて、見ていてわくわくしてくる。

想いは、すでに伝えることに意識がある。

相手にどう伝わるのか?

もうそこに、自分がこうしたいからこれでいいんだ!という
独りよがりの、気持はないのです。

相手に、どう伝えるか、自分の想いをそのまま伝えるために、どうしたらよいか?
それを考えていることが、こちらに伝わってくるのです。

だから、たとえ未完成であっても、想いは伝わる。

今までは、なんだか分からない、なにを伝えたいの?
本当にやりたいことはなに?
というように、発表者にとっては、
なぜわからない?
なぜ、わかってくれない?
という質問や、意見ばかりだったと思う。

でも、この日は違っていた。
疑問が出てこないのです。
応援の言葉しか出てこない、
しいていえば、ここの部分を、こんな風にしたらもっと見やすくなる。
というような、プラスの言葉ばかりだ。

受講生の一人が、
「前回の講座で、もうこれでいいです!
これでいきます。
と、なかば投げやりな言葉が出たのです。
仕事も忙しい、作る時間がない。と、できない理由を並べる、
あきらめてしまうのか?・・・
と、おもった瞬間、
私の口をついて出てしまったきつい一言・・・
「このプレゼンは、あなたの未来の夢のプランですよね?
あなたが、ここで中途半端なプレゼンを作って発表したら、
たとえ、どんなに素晴らしい事業内容であったとしても、
それを見た人は、てきとうな仕事をする会社なんだという風にしか
伝わらない。
本気で、この事業を成功させたいとは誰も思わないでしょう
それでもいいのですか?」
と・・・
すると
「いや、いいです、仕方ないですから・・・」

私は、腹が立っていました。
本当に、本気で応援したいと思っていたのに、
あきらめるなんて・・・と

その後、反省しました。
「いかん!この口が、いかん!
もう少し言い方があっただろうに、
傷つけてしまったじゃないか・・・」

今回練習に来てくれるだろうか?心配していた。
もし来なかったら、私のせいだ!どうしよう・・・


しかし、練習にちゃんと来てくれました!
しかも、素晴らしいプレゼンをつくって。
自信にあふれたその発表を見て、感動しました。
もちろん、まだまだ、作りこみは必要ですが、
その方の想いが、伝わるプレゼンになっていたことに、
感動で、少しうるうるしてしまいまいました。
そして、あきらめないでくれたことが
本当に
嬉しかった。

ありがとう!と
メンターシートに書きました。

感動と共感のプレゼンテーション・いわて大会
とんでもないことが起こりそうで、
わくわくします!

会場にお越しの際には、感動の涙をぬぐう、タオルをご用意くださいね!

10月20日!感動と共感の涙と拍手でうづめつくされる!
発表者の夢を聞いて、元気をもらってください!

交流会のお申し込みが必要です。
このブログのコメント欄に、書き込んでください。

posted by OfficeA at 11:58| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月10日

大会まであと10日!!

いよいよ、感動と共感のプレゼンテーション大会まであと10日となりました。
発表者の皆さんの今の心境を思うと・・・

10日しかないと考えるか、10日もある!と考えるか?

さて、どちらでしょうね・・・

プレゼンテーションを作るとき、
自分の考えや、やりたいこと、そして「自分」というものを知らなければ
感動と共感のプレゼンテーションにはなりません。

自分の夢を何も見ずにその場で30分以上語ることができるか?

現在の、状況をきちんと判断しているか?
そして夢

その夢に向かう、プロセスが自分の中でしっかりとシュミレーションできているか?

そこまで、明確になって初めて自分が思い描く夢をプレゼンテーションできると
思っています。

感動と共感のプレゼンテーションは最も輝く未来の創造です

発表者の皆さんが、講座の回数を重ねるごとに、
どんどん本気になって行くのが、伝わってきます。

そのことに、私は、感動しています。
posted by OfficeA at 11:21| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月04日

発表練習

昨晩発表練習がありました。
皆さん、どんどん進化していて、すごいなあ・・・
と思いました。
昨晩は、受講生のTさんのために、雫石からSさんが応援に来てくれました。
うれしいですね!
全員のプレゼンを聞いて、メンターシートを書いてくれました。
いつものメンバー以外の人からのメンターシートは、貴重です。
初めて聞くプレゼンをどう感じたか?
率直な意見を、Sさん流に話してくれて、
皆さん、とても励みになったのではないでしょうか?
ありがとうございます。
Sさん!
また来てくださいね!


仕事を普通にこなしながらのプレゼンテーションづくりは、それはえらいことです!

私もかつて「オハナ」のプレゼンをつくった時はそうでした。
仕事の合間にできればいいのですが、そうもいきません。

なので、仕事が終わって、家事を一通りこなし、子供とかかわりながら
頭の中で、仕分けと切り替えが必要になります。

もうパニックです。
夜中の2時3時に寝るなんて普通でした。
入りこんでしまうと、夢中になってしまうから、時間の感覚がなくなります。
だから、ほとんど毎日が、寝不足です。
早く寝れたとしても、そのことが頭から離れないから、眠くならない!
3か月間、その状態できましたから、物事を冷静に判断できなくなる。
いらついても来るし・・・。

人って、忙しくて頭で考えられなくなるとどうなるかというと、
やらなくても支障が出ないものから、切り捨てようとしてしまうものなんですね。

要するに、あきらめようとするんです。

そして、できない理由を、あれこれと言い訳するようになります。

私自身がそうでした。

「だって仕事が忙しいんだもの」
「だって、家事もしなきゃならないし・・・」

自分自身のためのものを、一番にあきらめてしまうんですね。
だれかのためにやっている、やらなければいけないことを理由として、
「だって、・・・だから」
「これがあるから」と、
誰かのせいにして、逃げたくなるんです。

だって、楽だもの、何かのせいにしてしまえば。

私もそんな風に、できない理由を言うようになりました。

でもね。
だれかの、何かのためにあきらめられるなら、誰かのために、何かのために
あきらめない!ことだってできるんですよね?

よく考えると、誰のためにやると決めたんだ?私は?
これをやると、同じ悩みを抱える人たちのために役に立ち、
みんなが幸せに暮らせるようになるんだよね?
私がここであきらめたら、どうなるだろう・・・?
他にやってくれる人を待とうか?
じゃあ、いつ現れるんだ?
18年も待っていたけど、誰もやってくれないじゃないか!
この先いつまで待ったら・・・

そうおもったら、やっぱ!私しかいないじゃないか!
一度やると決めたんだろ?
女らしくないじゃないか???

女は度胸だい!
あきらめては、いけないよね!

一生懸命、本気で応援してくれる人に応えるために、
子供たちのために、
日本中の困っている人のために、
頑張ろう!

でもやっぱり、かわいいわが息子のために、
母ちゃんはがんばらなければ!

そして、私がいなくなった後に、負担を強いられる、二男、長女のために。
よーッシャー!母ちゃんは、がんばるのだ!
と、自分に言い聞かせ、気持ちをあげていきました。

おかげ様で、あきらめなかった結果が、最優秀賞という最高の賞をいただくことに
なったのです。
その時感じたのは、うれしさというより、満足感でした。
自分の想いが、伝えたい人にちゃんと伝わったという満足と、がんばってきたという充実感です。
何ともいわれない、いい気持でした。

感動と共感のプレゼンテーションは、その場で、人生が変わります。
共感者や、支援者が、その場で得られます。
そして、それは波紋のようにひろがり、
大きな波になります。

いい波が来たら、それがチャンスです!
ビッグウエイブを、じっと待つ、伝説のサーファーのように
その時を待つ。

それが、感動と共感のプレゼンテーションです。

皆さん!
あきらめなければ、必ずチャンスはやってきます。
あきらめないでください!
苦しさから、逃げないでください!

必ず来ます!
いい波に乗れるように、
パドリングは大切ですよ(^^)

ね!先生?

posted by OfficeA at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月03日

感動と共感のプレゼンテーション

プレゼンテーションは、
自分の夢を語り相手に自分の想いをプレゼントすることです。
自分の夢って、「一人よがり」になりがちです。
それを、多くの人に共感していただくためには、どうしたらよいか? 

まず身近な人に自分の考えを聞いてもらいましょう!
自分以外の他人に聞いてもらい、意見、感想を聞き、
自分の話したことが、どんな風につたわっているのかを、確認する。
そして、仲間の前で話してみる。
人が多くなればなるほど、伝わりにくくなります。
 自分の夢をしっかり伝えるためには・・・ 

パターン1
自分の夢を確認しましょう。
どうしてそれをやりたいのか?
自分がやりたい理由を明確にしてみましょう!
何があってもそれをやりとおしたい、
あきらめない理由を自分の中に落としていきます。 

パターン2
絶対うまくいくという思い込み
妄相にすぎないといわれても、明確な未来を描けている
自分に与えられた使命と感じる。
どんなことがあってもあきらめない、成功するまでやる 

パターン1は、
自分の考えを理論的に考えていくための、
理由づけです。
おもいつき、ひらめきは、とても大切です。
それに理屈をつけていく、どうしてやりたいのか?
どうして今それをやらなければならないのか?
それは、世の中にどんなふうに役に立つのか?
それに出会った人は、どんないいことがあるのか?

パターン2は、使命感です。
自分がやらずに誰がやるのだ?
世の中のために役に立つものなのだ!
できないことはないと考えている究極の前向き思考
やりたいことに対しての、理由や理屈はそこにはない。
なんだかわからないけど、うまくいくと確信しているという強い想い。
 
二つのパターンに共通することがあります。
どちらも、誰かのために、役に立つことや便利なこと喜ぶ顔が目に浮かんでいる。
相手のために考える。
自分のための自己中心的な考えではなく、
誰かを幸せにしたいと考えていることです。
 感動と共感のプレゼンテーションは、自分の夢を伝えることで、
多くの他人に喜びと感動をあたえ、その想いに共感してもらうことです。

感動や共感でしか、他人は本気でうごきません。
説明や、説得では、表面上は動いてくれるかもしれませんが、長くは続きません。
具体的な相手を思い浮かべ、その人、その人たちの笑顔を想像してみてください。
そうすれば、きっと一人よがりではない、
誰からも共感してもらえる
プレゼンテーションが出来上がると思います。
 
発表者の皆さん!
あとひとふんばりです!
頑張りましょう!
夢は、かなえるものですよ〜! 
頑張りましょう!
夢の実現に向けて! 

      オリーブ

posted by OfficeA at 12:16| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月02日

PRしてきました

昨日久慈市で行われた、起業家・後継者育成塾2007の会場で、
感動と共感のプレゼンテーション。いわて大会のPRをさせていただきました。

育成塾、久慈会場初日は福島正伸先生の講座でした。
久しぶりの先生の講座を聞きたくて参加したのですが、
まさか宣伝をさせていただけるとはおもっていませんでした。

でも、本当にありがとうございます。

交流会の席では、行きますよ!と声をかけてくださった方もいらっしゃって、
本当に、うれしかったです。

他人の夢を聞くと、元気になる!
なぜだろう?

それは、夢は、プラスの波動を持っているからです。
他人の夢であっても、プラスの波動に包まれると、
とても、いい気持になるし、元気になります。

そして、たくさんの夢を聞いていると、
わくわくして自分も何か夢をもちたくなったりします。
すでに、夢を持っている人は、自分も頑張ろう!とモチベーションがあがってきます。

感動と共感のプレゼンテーションは、すべての人を元気にする場所です。

10月20日(土)会場となる、岩手県立大学へは、感動の涙をふくタオルをお忘れなく!(^^)

みんなで元気になりましょう!
posted by OfficeA at 15:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月27日

ファイトです!

昨晩、プレゼンの発表練習が、ありました。

例によって、終了してから、暗がりの駐車場で盛り上がる参加者の皆さんです。
kaeranai.jpg

自分の夢、想いを他人に正確に伝えるにはどうしたら・・・?

人に伝えるって本当に難しいことです。
本当に伝えたいこと、自分の本当の想いはなんだろうと考える。

人生において、自分は何者か?ということを、真剣に考えることって、とても大事なことだとおもいます。
自分と向き合う。

実は、怖いんです。
私はそうでした。
自分のいやな部分が見えるからです。
弱い部分や、情けない部分

自分の弱みから目をそらさず向かい合い、素直に受け入れる。
すべてを受け入れると、やがて見えてくるのです。
本当の自分が!

そして、そこから這い上がろうとします。
このままでいいんだろうか?

いいえ良い訳がないんです!
人は、前に進む生き物です。
過去と向き合う。
過去のいやな自分がいたとしても、それは自分自身の歩んだ証です。
それも自分。
自分をもっと愛しましょう!
すべてを受け入れて、それを糧として、前に進むエネルギーに変えている。

そして、いざ前に進もうとした時、夢に向かおうとした時、気づくんです。
夢に向かうアイテムが足りないことに・・・

これも足りない、あれも足りない・・・

さあ!皆さんはどうしますか?


私は、足りないものを見つけようとします。
足りなければ、足りるようにするんです!

それは、学ぶことだと思います。
知識を身につけます。
たくさんの知識があれば、今必要な知識を知恵に変えて、それをクリアしようとします。
それが、夢をかなえるための力です。
階段を一段一段登るように、確実に。

夢を見つけた瞬間から、人は、行動し始めます。
夢が大きければ大きいほど、それにともなった行動をしていきます。

足りないものが見えてきます。
足りないものは、補充しましょう!

チャンスは、誰にでも平等にあります。
チャンスを見極められる心を養いましょう!
準備が整うと、必ずチャンスはやってきます。
そこを、見逃さないように!
チャンスに乗れる自分を作りましょう!

感動と共感のプレゼンテーションは、そんな、自分探しをするためのツールでもあります。

最強の自分を作るために!
自分の夢をかなえるため、足りないものを得るために10分間は用意されています。
10分間に込める、自分の想いをすべてそこに込めましょう!

自分探しは、そう簡単ではありません。
真剣に向き合わなければ、出会うことはできません。

今が一番苦しい時かもしれないね・・・
私もそうでした。

でも逃げないで!
あなたのために、私たちはいます!
仲間がいます!

大丈夫!必ずうまくいくから!

ファイト!


posted by OfficeA at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月25日

感動と共感のポスター制作

こんにちはプレゼン大学のオリーブです。

10
20日は、『感動と共感のプレゼンテーション・いわて大会』です。
先日ポスターが完成しました!

このポスターの作成には、秘話があります。

私たちは、いかに一般の方々に大会を聴きに来ていただくか?をかんがえました。
そこで、ポスター用の写真を撮り、パソコンでいくつかデザインしてみました。
実行委員会でも話し合い、議論しました。

感動と共感のプレゼンテーションは、あらゆる分野に通用する手法です。
ならば、起業家に限った大会にはしたくない。
たくさんの人たちに、本気で夢を語る、発表者のプレゼンを聴きに来てほしい。
聴きに来た人に、少しでも元気がわいてくるような大会にしたい。
このように考えました。

そして、出された答えが、
キャラクターを作ろう!でした。
岩手らしいキャラクターを・・・

そこで!

浮かんだのが、遠野の赤がっぱです。
このかわいらしい河童の人形を作っている方が、仲間にいました。
I
さんです。
すぐに、私たちの想いを話し、それに合わせたポーズをつけた赤がっぱの人形を作ってもらいました。

受け取りに遠野まで行き、せっかく来たんだからと、かっぱ淵で撮影会をしました。
すると・・・
橋の上で撮影をしたものですから、観光客の人だかりができてしまいました。
戸惑う私たちに「この河童の人形は、どこで買えるの?」
「かわいいわね・・・」
「撮影ですか?」などなど、次々と問いかけが・・・

私たちは「これから発売になる予定ですから、少しお待ちくださいね?
作者は、こちらの方です。(
Iさんを指す)」と答えます。

「ネットで買える?」の質問に
「いずれそうします」というIさん。
その日のうちに、ホームページの作成をおてつだいすることになったAさん、本当にうれしい時間でした。

そして・・・
試行錯誤で、何とか自分たちの想いを乗せたポスターのひな形を作った時でした!

思いもかけない人からメールが!
以前東京でお会いした、Sさんからです。「出会ってから、メールをしたいと思っていたが、できなくていました。」といいながら近況を知らせる内容でした。私も、彼女に近況を知らせたメールを返しました。


プレゼン大学を設立したことを知った
Sさんは「ぜひ、いわて大会を応援したいです。

自分にできることは、デザイナーですから、チラシやポスターのデザインをすることを、おてつだいすることができます。

そして、大会では、ボランティアで協力できます!」と言ってくださいました。私は、これを読んで感動しました。

共感すると、こんなにも人は何かしたいと思うものなのか・・・

しかも、自然に何かできることを考え、具体的に応援できることを行動し始める。
決して、おしつけではなく、私たちが何を望んでいるかをしっかりと汲み取ってくれる。・・・本当に感動でした。
私たちは、彼女に私たちの夢のお手伝いをお願いすることにしました。

東京と岩手、場所は離れています。離れた場所でのやりとりです。
でも、こんなことができるんだ、お互いに想いがあれば、距離なんか関係ない!
そして!ついに出来上がったのです!
想いのこもったポスターが!

presenpanf0922web.jpg
(画像をクリックすると拡大します。)

感動と共感のプレゼンテーションは、もうすでに起こっていました。
「感動と共感によって人を動かす!」ではなく「感動と共感によって人は動く!」
1020日は、感動にあふれた一日となるでしょう!                   オリーブ
posted by OfficeA at 11:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月21日

はじめまして、プレゼン大学です!

プレゼン大学って何?
とおっしゃる方もおいでのことと思いますので、ちょっとだけ、お話をします。

プレゼン大学は、昨年9月に、感動と共感のプレゼンテーションを広めていこうということから、福島正伸さんを、学長に、講師件運営責任者一名、理事一名で、構成されています。
ちなみに私は、理事をしていますオリーブです。

感動と共感のプレゼンテーションは、福島先生の著書でもあり、人は、説得や、お願いでは動かない、感動と共感で人は行動する、ということから、プレゼン大学では、説得型ではない、感動と共感のプレゼンテーションとはどんなものなのかを、実際に体験していただく講座を開催しています。
そして、
プレゼン大学は、「最強のメンターとして本気の夢を本気で応援する」を理念として掲げ、その人が「最も輝く未来の夢を描くのがプレゼンテーションである。」としています。

現在、11名の受講生の夢を応援しています。

そして、10月20日には、『感動と共感のプレゼンテーション・いわて大会』が岩手県立大学講堂で開催されます。
その中から、3名の発表者を選出し、12月15日の全国大会で、感動と共感のプレゼンテーションをしていただくことになっています。

ビジネスシーンでは、プレゼンテーションは欠かせないものですが、それだけでなく、誰かを応援するとか、自分の夢を語るなど、10分間という与えられた時間で、自分に足りないものや仲間を、集めることができます。

10月20日には、ぜひたくさんの方々に、発表者の皆さんの夢を聞きに来てほしいとおもいます。






posted by OfficeA at 19:52| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。